災害とキャンピングカー・アウトドアの関係

最終更新: 2019年6月18日


3月のブログでも少しお伝えしましたが、近年の荒天に由来する災害について、キャンピングカーを活用する概念が打ち出されたりしています。これは、売り手の提案の部分もありますが、もしも住居が被災した時、キャンピングカーを利用するというのは、良い案だと思います。それに、キャンピングカーと親和性の高い、アウトドアやその習慣が、災害時には役に立つこともあるでしょう。


楽しみながら非日常の経験を積むことで、災害時と共通する要素が身についていることもあると思います。また、それを意識したアウトドアの楽しみ方をする事で、より一層、緊急時に必要な対応も深く身につくことでしょう。


今年の今年の夏は、是非穏やかな天候であって欲しいものです。それから、地震もできるだけ、起きませんように!と願いながら、趣味を楽しみながら、「いざ」に備えてもいいのではないでしょうか。




イメージ画像:アウトドアレジャー

#レンタルキャンピングカー東大阪市のれんたごん

最新記事

すべて表示

「阪神淡路大地震」の日から大地震への備えを考える

明日は1995年に起きた「阪神淡路大地震」の日です。あれから25年が経ちました。その後も2011年に東北大震災があり、それが3月11日です。そして記憶に新しい「大阪府北部地震」は2018年6月18日でした。大正時代にもあった関東大震災が9月11日で、地震の記念日が一年に何度もあります。 地震については、特に近畿で「東南海地震」への警戒がされ、研究・観測が進んでいます。本日付(2020.1.16)の

2019 by campingcar rental rentagon All Rights Reserved.

  • レンタルキャンピングカーれんたごん
  • レンタルキャンピングカーれんたごん